FC2ブログ

2005-05

晩春のお仕事。

img_1427178_3765540_1.jpeg

ようやく花見をしている訳だけど、五月末は、普通はもう晩春でしょう?
北国では、花が咲き始めるとホームセンターも俄然にぎわいを増してくる。

最近週末にしたこと。
ガレージ内に単管を利用して立体的な棚作り。
片隅に追いやられていたラベンダーの植え替え。
買ってきたままになっていた花の植え込み。
針葉樹の高枝払い(高枝切り鋏ってスゴイ)。
フェンスと枝折戸に再利用していたが、昨秋の大風で大破した、
大正時代の「葦(よし)戸」の修復と塗り替え。
調達してきたまま放置していた枕木で第二デッキ作りの再開。
近年朽ちてきた、自作藤棚の修復。

足の甲に枕木を落としたり、
櫻の枝で危うく目を突き刺しそうになりながら、
汗を流し、腰を痛め「やれやれ」とか言いつつ、
それでも朝5時過ぎからそわそわ庭に出てしまう、
春の胸騒ぎ。

そう、
ゆるゆると、
こんなことするために、
横浜から小樽に移り住んで来たんだから。

img_1427178_3765540_2.jpeg
スポンサーサイト



櫻の花の満開の下

満開の下

桜前線の移動につれて、胸の辺りがチクチクした感じになって、妙にそわそわ落ち着かない男になってしまう。もともと横浜人の自分としては、北海道に移り住んで以降、前線到着までの約1ヶ月の「時差」が非常にもどかしい訳。先々週土曜、先週土曜、日曜と続けて小樽の花を愛でてあげたのだけれど、5月20日過ぎだなんて信じられる? 今年の時差はさらに大きくなっちゃった。

北海道では何かあると必ず「ジンギスカン」ということになるのだけれど、もくもく煙がでて花に申し訳ない感じがするのと、どうしても肉の焼き加減に気をとられて、目線が下へ下へ向かう感じが未だに許せない。大体花を愛でてない! 仕事関係の花見では、一昨年まで道産子の慣例を無視して、一方的に「ジンギスカン禁止令」を出し(つまり、火気厳禁)、必ず手作りの一品と酒を持ち寄って、交換しあって飲み食いする。そんなルールでやっていた。が、今年はまあ道民に敬意を表して「ジンギスカン有り」でやったのでした。

東京から(実家は横浜。昨年秋、42年目にして横須賀へ)やって来て13年経過したのだけれど、いつ終わるとも知れず、ひたすら肉を焼き続ける純正道民たちの「ジンギスカンそれだけで」あんなに楽しそうにはしゃいてしまう様子を見て、これは血なのだ、と。微笑ましくも不思議な気がして…。やって来たからには正しい道産子、正しい小樽人になろうという気持ちと、ときどき「江戸的」なるものが非常に恋しくなって(両親は東京人です)、羽田から「神田まつや」に直行して、昼間から「そばや酒」してしまう自分とがいつもせめぎ合っているのであった。sakura.jpg

sakura.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

04 | 2005/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

azumashikikuni

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

全記事(数)表示

全タイトルを表示