FC2ブログ

2014-07

明日の記憶。

母の書

二十代の始め頃、一番好きな女優は樋口可南子さんだった。
二十代後半、化粧品会社のCM制作でご一緒する機会があり、正直舞い上がった。
六本木のハウススタジオでの撮影終了後、可南子さん(所属事務所の社長さんはいつも名前で呼んでいた)やスタッフと食事をした。けっこうお酒もいただいて、最後にラーメンを食べたのだけど、彼女が途中まで食べたラーメンの残りを最後まで平らげたのが当時の僕の自慢だった。

可南子さんの当時の事務所社長が気配りの人なこともあって、現場以外でも何度か交流の機会があった。一つ年上の可南子さんは十二月が誕生日で、三十歳のときではなかったかと記憶しているのだけど、樋口さんの事務所関係者だけの身内の誕生会に先輩とふたり御呼ばれした。

可南子さんは実はレコードを出していて、アルバムに収録されている井上陽水さんの楽曲を、現場での約束通り加奈子さんの目の前で歌うことになった。ほんの数メートル先の可南子さんは、100円ライターをペンライトの代わりに、僕の歌に合わせてゆらゆらさせていた。

その年のクリスマスには可南子さんからネクタイが届いた(もちろん社長の采配だろうけど)し、浅草橋あたりから屋形船で繰り出したこともある。船の上のどんちゃん騒ぎの最中、いつの間にかどこからか乗船したらしい共演中?の奥田瑛二 さんが乱入して来て、突然「帰ってこいよ」を熱唱したのを覚えている。歌が上手とかいうレベルではなく、役者の芸に戦慄するほどの歌唱だった。


あれから四半世紀。最近では携帯電話のCMで始終お見受けする可南子さんだけど、今日の昼間スカパーで映画『明日の記憶』を偶然観た。渡部謙さん主演の2006年制作の作品なのだけど、可南子さんは渡辺謙さんの奥さんの役だった。

準大手の広告代理店で大きなプロジェクトを推進するやり手の営業部長が渡辺謙さんの役どころで、広告代理店あがりの僕は、まずはその設定に引き込まれたのだけど、実は謙さんは若年性アルツハイマーに蝕まれ、その職を辞さざるを得なくなる。

この映画の公開は、僕の母がレビー小体型認知症と診断された時期と重なっており、大好きな可南子さんと謙さんの作品にも関わらず、どうしても劇場に足を運ぶ気になれなかった。母が亡くなる前年の2008年に公開された「おくりびと」も同じ理由でずっと後になってから鑑賞した。

渡部謙さんの迫真の演技に加えて、妻として家族として支える可南子さんが素晴らしかった。久しぶりにCMタレントではない「女優 樋口可南子」を目の当たりにした。

謙さんの病気が発覚する映画中盤以降、物語が自分の母親の介護生活と重なって来た。また、四半世紀前にささやかな交流を持たせてもらった可南子さんが認知症の身内と関わっている姿は、現実とフィクションが不安定に交錯する不思議な体験の中に僕を追いやり、気がつけばぐしゃぐしゃになっていた。

映画の終盤に、謙さんが過去のある体験と現在がない交ぜになって混乱する場面までもが、僕の映画「明日の記憶」体験を複雑なものにした。そしてその直後。ラストシーン近く、謙さんが自分の妻のことすら分からなくなってしまう姿は、自分のお腹を痛めて僕を生んでくれた母が、一人っ子の僕を分からくなってしまったときの衝撃を呼び覚ました。



「明日の記憶」を鑑賞し終わったとき、唐突だけど、亀戸水神の庖丁職人、吉澤操さんの江東区無形文化財の父上が亡くなられた際のエピソードを弟の清さんから伺った時のことを思い出した。期せずして僕の亡母の病気に話が至った。書家だった母はずいぶん早くからもう僕のことをわからなくなっていた、と清さんに伝えた時だった。清さんが言った。

「でもね、星野さん。星野さんの母さんは星野さんのことを見た目では分からなくなっていたかもしれいけどね、でもね、魂ではね、ちゃーんと分かっていたんだ。そういうもんなんだ」

夫が自分の存在を分からなくなっていることに気づき、衝撃を受けながらも二人並んで歩き始める『明日の記憶』のラストシーンから受けた感動は、この吉澤清さんの言葉を聞いたときの感動に非常に近いものだと、よくわからないけど、そう思った。
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

azumashikikuni

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

全記事(数)表示

全タイトルを表示