FC2ブログ

2015-10

路地裏の復権。

商店街側
 
小樽の駅前から札幌方面に少しだけ戻るような形で、アーケードのあるふたつの商店街を抜けると、みっつ目が花園銀座商店街です。その山側に小樽で一番大きな酒場街である花園エリアがあります。カスバのような飲み屋の迷宮で、商店街と垂直に交わるいくつもの小路にはそれぞれ名前が付いていて呑んべいを手招きしています。

小樽駅から歩いて約十分。花園銀座商店街がJRの高架と斜めに交わるところを右に入ると突然時代がかったゲートが現れます。その奥が嵐山新地。

真っ直ぐ進むとすぐ突き当たるので、そこは袋小路と思っている人も多いようです。いえいえとんでもない。

実はその先がL字のクランクのようになっていて、それまでと同様に両側に飲み屋が現れます。そのまま抜けると、小路は今度はだいぶ大きな逆のLの字になって嵐山通りという小路にぶつかり、嵐山新地はあっけなく終わってしまいます。

(残念ながら、嵐山通り側のゲートは今年の初夏だったか撤去されてしまいました。私には痛恨です/右下)
 
嵐山通り側

 
__新地とは?

① 新たに開いた土地。新しく居住地となって、人家の出来はじめた地。新開地。

② 新たに得た領地。新たに受けた知行。

③ 新開地に出来た遊里。大阪の曽根崎新地、江戸深川の新地。転じ遊里、遊郭。
 
※ 新地通い/遊里に通うこと。
※ 新地狂い/遊女に溺れて遊蕩すること   (以上、広辞苑より)

辞書で新地を引くとなかなかオトナな興味深い言葉が並びます。
私にはどちらかというと関西の響きに感じられます。
北海道では珍しいのではないかな。

 
忘れかけていたオトナの時空。
嵐山新地にはそんな風情の名残りがあります。
『新地通い』『新地狂い』
そうした言葉に眉をひそめないでください。

実際には安心安全健全な一角であっても、
地元の人間すら袋小路と思い込んでいる向こうに、
表通りにはない、裏通り独特の哀感が存在し、
そんな日常と非日常の狭間にこそ、大人が好奇心惹かれ、
後ろ髪引かれる盛り場のときめきがあるはずです。


 
  星の庵 風の色は嵐山新地の中ほどにあります。
  袋小路と思われているその先にあるので、なかなかふらり
  と偶然に立ち寄ってもらえません。

  店主はそこで毎晩お客さんを待っています。
  
 玄関

 
路地裏の復権。

かつてのにぎわいをよそに、残念ながら現在の嵐山新地は、全体としてはひっそりと静まり返っています。経済も観光も低迷している、こんなやるせない時代だからこそ、盛り場の、路地裏の復興が期待されます。

今回のプロジェクトはそんな嵐山新地を舞台に展開します(続く)。


このプロジェクトご興味を持っていただいた方__。
https://readyfor.jp/projects/kakurega
スポンサーサイト



星の庵 風の色 移転に伴うクラウドファンディングによるご支援のお願い。

玄関

十二月の末(予定)をもって星の庵 風の色の現在の店舗での営業を終了する運びとなりました。わずか三年ではありますが、ご愛顧いただいた皆々様に感謝申し上げます。

傘と照明

風の色の入居した建物は五十年を超える時間を生きてきました。

雪2

激しい雨漏り、土台の脆弱化、何よりも屋根の雪の問題は、すでに通行する方を脅かすレベルにあり、この冬を乗り切ることは難しいとの判断が最大の理由です。今春、風の色と共に残っていた二階のスナックさんも営業を停止して、建物にしがみついているのはすでに僕だけになってしまいました。

kakurega.jpg

さて、半ばの志をどのように継続するかずっと思案しておりましたが、不思議なタイミングですぐはす向かいの空地の所有者の方との縁が芽生え、そこに限りなく私の意を汲んだささやかな小屋を建てる計画が持ち上がりました。

平面図

しかしながら、居抜き物件ならともかく、新築への入居となれば、いくら店子とはいえ、厨房設備等々をゼロから設えるには私の懐はあまりに非力です。されど、小樽の日常と非日常の狭間、少々非現実の匂いがする嵐山新地の魅惑から離れがたく、このまたとないチャンスを逃すのをもったいなく思っていました。

蔵戸

そんな折りも折り、とある友人からクラウドファンディング『READYFOR(レディフォー)』の紹介を受けました。私の想い、考え、計画を、皆さまにプレゼンテーションすることで、賛同していただける方からご支援を頂戴するシステムです。単に寄付を募るのではなく、こちらからも支援いただいた方へのささやかな御礼を返させていただく考え方です。このファンディングによって、厨房機器の導入敷設費用の一部をまかなうことが出来ないだろうか、と。

雪見障子

私の夢の実現は、小樽の未来へ繋がると信じています。
勝手を言えば、それぞれが自分の店として、創り、育てる気持ちで参加し、関わっていただけたらこれほどの歓びはありません。

書院

直接的なご支援はむずかしくても、以下のページにアクセスしてもらい、私の試みをまずは知ってもらい、シェア(できればコメントなど付けて)いただいたり、Twitter 等で拡散していただけたなら幸せです。

海賊

プロジェクトページのURLはこちらです:
https://readyfor.jp/projects/kakurega

公開期間は本日十月二十八日から十二月十六日までの五十日間です。
目標金額に届かなければ、それでジ・エンド。
オール・オア・ナッシングのシステムです。
詳細は以下をご参照くださいませ。

どうか応援のほど、よろしくお願い申し上げます!


星の庵 風の色
店主 星野 惠介 拝

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

azumashikikuni

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

全記事(数)表示

全タイトルを表示