FC2ブログ

2021-04

再会、トゥレベルク工房・国本 貴文。

くにもと1


新貝 伸二さんの絵本の読み聞かせが行われた「L.i.b gallery」のすぐ隣には、偶然にも今年の正月に取材をさせてもらい、この3月まで手がけていた日本航空さんのホームページでご紹介した木工作家・国本 貴文さんの「トゥレベルク工房」がある。

顔を出すと国本さんはいた。
最近納品があった札幌の北星大学の大仕事の直後で、ちょっとした脱力感の中、次の個展のテーマやタイトルについて思いを巡らせていたところだったという。

「世の中のものの多くは、素材がデザインに従っている。でも、初めにデザインありきではなくて、素材(木)が持つ本来の表情を引き出すために、結果として取り入れるのがデザインだと僕は思っている」

という国本さんのコトバというか、姿勢に感銘を受けて、僕はいっぺんに彼のファンになってしまった。だって、作家の観念のみにとどまらず、彼の作品は本当に彼のコトバそのままだと感じられるからだ。

くにもと2


国本さんの仕事場に足を踏み入れると、色も質感も重さも違う木で作られているけれど、サイズとデザインが統一された一輪挿しが120個並んでいる。圧巻である。この一輪挿しが、先ほどの国本さんのコトバを象徴していて、もう他に説明の必要もないのだ(1月20日「国本貴文さんの一輪挿し」参照)。


今回は一輪挿しではないけれど、少し前に作られた国本作品を小樽の自宅に連れ帰った。新しいわが家の仲間は、いったいどこに収まってもらおうか。まったくこの作品のためだけに、拙宅をリフォームしたくなってくる。

くにもと3




(面白がって読んでもらえたのなら…)
人気blogランキングへ
スポンサーサイト



● COMMENT ●

コメントありがとうございます。

「あずまし」つながりということですね!
留萌から増毛にかけては気になるエリアです。あずまし屋さんのページも覗かせてもらいたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

留萌のマンガ喫茶あずまし屋です。こんにちわ!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumashikikuni.blog16.fc2.com/tb.php/118-05fa1a00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

悦楽まで、もう一歩。 «  | BLOG TOP |  » 絵本の読み聞かせ。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

azumashikikuni

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

全記事(数)表示

全タイトルを表示