FC2ブログ

2021-04

アリスファーム詣で。

aris1.jpg


久しぶりに赤井川村のアリスファームへ、藤門弘さんを訪ねた。
昨年の冬、ロケの仕事で藤門さんの所有しているホテルドロームを撮影にお借りして以来だ。これまでも以前の所有者の代からドロームは使わせてもらってきた。でもまさか、あの、藤門さんがオーナーになり、仕事で藤門さんと口をきく機会があるなんて思ってもみなかった。

アリスファームがごく親しい人だけを招いて久々に開催した、クロスカントリースキー大会(大会と言っても前夜祭ですべてが燃え尽きる)に呼んでいただいてからちょうど2年経過したことになる。あのときは、興奮した。スペシャルゲストが、カヌーイストの野田知佑さん、作家の夢枕獏さん、モンベルの辰野勇さん。一緒に酒を飲み、クロカンスキーで山を行き、辰野さんのケーナを聴き、雪の中でたててくださったお茶をいただいた。

aris3.jpg


今回、藤門さんに時間をもらったのは、とある人からの頼まれごとが主な用件だった。でも、短い時間ならと言われていたのに、2時間以上もゆっくりお話ができたのをいいことに、昨年、一昨年と訪れた内モンゴルの話をしながら、いつか旅の企画で知恵をお借りしたい、などと大きな話をしてしまった。藤門さんは、「ボクはすれっからしだから」と言って笑った。あんまりいいことではないんだけど、と前置きして、「ずいぶんいろいろなところに行って、いろいろなものを見てきたから、どこかに連れて行ってもらっても素直に感動できなくなってる部分があるんだよな」。藤門さんの大きな目がニッと細まる。

そりゃあそうだろう。こちらは精一杯の経験談を披露しているのに、それに反応した藤門さんの目線は、かつて訪れたことのある土地の話とともに地球中を駈けめぐった。自らNHKに企画を持ち込んで、BSでドキュメンタリー番組になった外モンゴルの40日紀行のエピソードを伺った際には、こちらの体験はあまりにちっぽけに感じられ、この人に語ったボクなりの思いは陳腐にすら思えた。それでもこの人と話せている喜びがひたひたと押し寄せてきたのだが…。

不覚にも手ぶらでアリスファームを訪れたボクに、藤門さんはブルーベリーの土産を持たせてくれた。物書きの大大々先輩に返すものがないボクは、自分の書いている雑誌オトンの第二号を苦し紛れに置いてきたのだ!

aris2b.jpg

スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumashikikuni.blog16.fc2.com/tb.php/194-4c3b02c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

三月八日の窓辺。 «  | BLOG TOP |  » ほほえむ職人。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

azumashikikuni

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

全記事(数)表示

全タイトルを表示