FC2ブログ

2020-04

前略、母上殿6

20071125095345.jpg


僕の今回の帰省は11月7日から、今日で19日目になってしまった。

9月13日から精神科に入院した母を、認知症の患者の施設であるグループホームに連れて行くための旅だ。旅好きの僕の、人生で最もつらい旅になった。

病院内での転倒、骨折などのアクシデントもあり、日程は二転三転。先週末の段階で、ようやくXデイは滞在20日目である明日、26日月曜日に決定した。

思いがけない長い滞在の間に、今年はお酉様が二回やって来た。
11日の日曜日と23日の金曜日。母のケアや引っ越しの準備の合間を縫って、一の酉は浅草に、二の酉は横浜の金比羅さまに足を運んだ。三社祭りや朝顔市、ほおづき市、羽子板市など、道民になってから足が遠のいていた大好きな祭りや市だけれど、これまで酉の市で、僕はよい正月を迎えるための縁起物である熊手を買ったことがなかった。幸福をかき集める熊手…。

商談成立のたびに、そこここで湧き上がる一本締めの嬌声の渦と人波に包まれて、僕は今年初めて横浜でお酉様の熊手を手に入れた。

20071125095026.jpg


両親は東京生まれ。僕は父の転勤中に神戸に生まれ、横浜で育った。
小学校も中学校も高校も横浜市立の学校に通った。
18年前に父が亡くなり、僕は15年前に北海道小樽に移り住んだ。3年前、横浜の一軒家をたたんだ母は、横須賀のマンションに住み替えた。今回その横須賀のマンションも手放すことに決まってその準備を始め、3年間思い続けていた気持ちが一気に吹き上がってきた。

これでもう、ほんとうに、横浜と、縁が切れてしまう。

滞在二回目の酉の市に気づく前に、僕は横浜の野毛界隈を歩いていた。

音楽通りから、母校にして、日本で一番古いガス灯のある本町小学校を抜けて坂を昇ると紅葉坂。その奥に3つから住んでいた花咲団地がある。現在そこに立つと、鼻先にランドマークタワーがそびえている。紅葉坂からかもん山公園。県立音楽堂。青少年センター。伊勢山皇大神宮。このあたりが野毛山の幼稚園に通った道。

僕の生涯ナンバーワンの餃子とレバニラ炒めがあるのは野毛の「萬里」。
現在この店で中華鍋をふっているのは、吉田中学のときの僕の次の野球部のキャプテン川淵だ。11月8日の晩に、僕の最も敬愛するアーティスト長谷川きよしの、40周年コンサートがあったのは、同じく野毛の老舗ライブハウス「ドルフィー」。

大好きなホッピーのバー「ホッピー仙人」のある都橋商店街からソープランド街を抜けると伊勢佐木町。伊勢佐木町の商店街には、僕が最初に訪れた百貨店である野澤屋(現マツザカヤ)と最初に訪れた書店である有隣堂がある。さかのぼること35年前に、野球部の練習の帰りにホットアップルパイをかじりながら歩いていて警察に補導されたマクドナルドがあるのも伊勢佐木町だ。その商店街を抜けてすぐの長者町に、登校時なぜかタイムカードを押すシステムだった吉田中学がある。これが僕の通学路だ。

そうこうそぞろ歩きしているうち、熊手を持って歩いている人たちがいるのに気づいた。僕はその人たちの流れを逆流してみた。

20071125095653.jpg


大の男が4人掛かりでかついで帰るような熊手もあって目を見はった。でも僕の場合、母と一緒に小樽まで連れて帰らなくてはならないので、手に入れたのはほんとうにささやかなものだった。

酉の市の熊手にそれをお願いしていいのか定かではないが、明日の母と僕の旅のお守りになってくれるといいのだけれど…


スポンサーサイト



● COMMENT ●

酉の市

お母さんの事、気掛かりですね。仙人も二の酉は、横浜橋近くの神社でホッピー仙人の仲間達と飲み歩きました。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumashikikuni.blog16.fc2.com/tb.php/225-35cdf0e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

前略、母上殿7 «  | BLOG TOP |  » 前略、母上殿5

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

azumashikikuni

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

全記事(数)表示

全タイトルを表示