FC2ブログ

2021-04

すしの色気。

まぐろ


食べ物の中で最も色っぽいのはすしだと思う。
女性のように艶かしい。
官能的ですらある。
何とかその部分を表現したいと雑誌企画を提案した。

握り


写真に頑張ってもらわなければならないのはもちろんだけど、
文章的にもけっこうきわどい表現なんかもしてしまおう、と思っていた。
けれども、名人の技を近くで拝見すればするほど、
その色っぽさは溺れてしまう悪女のそれではなく、
未練がなく、小気味よく、
すっきりと洗練されたものなのである。
この感じはいったいなんなのだろう。

コハダ


すし善嶋宮さんの言う通り、職人が客の前で握る行為は、すしをつくる作業全体のせいぜい1割、残りの9割はそれ以前の仕込みですでに終わっている。職人は新鮮なネタに何時間も、いや、半日、へたをしたら何日もかけて仕事をほどこして、
客人はそいつを、えい、やっ、とわずか一秒で口に放り込む。

この潔さ。

そうか、潔さなんだ。

穴子


粋(いき)という言葉を辞書で引くと、
身持ちや身なりがさっぱりと垢抜けしてして、
しかも色気を持っていること、とあった。

すしの色気とは、どうやらそのあたりにあるのではないか…。



スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumashikikuni.blog16.fc2.com/tb.php/237-f45c9a11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

内モンゴルから、 «  | BLOG TOP |  » すし善嶋宮さんとそば寿司。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

azumashikikuni

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

全記事(数)表示

全タイトルを表示