FC2ブログ

2021-04

男が惚れる「吉實」吉澤 操2

操3


一年後の同じ百貨店の同じ催事で再会したとき、吉澤さんは完成したボクの蕎麦庖丁を持って来てくれた。

そしてその場で、「ほし野」と刻印してくれた。
忘れもしない名セリフと共に。

左手には名入れするための釘のような道具を持ち、右で小さな金槌のようなものを握る。このとき、右足の親指と人差し指で庖丁の柄を鋏み、庖丁がずれないように固定する。金槌でこんこんとその釘のようなものの頭を叩きながら、ハガネの表面に名前を刻んでゆく。仕上がりの美しさ、達筆さ? に舌を巻き、

「凄い! いったいどうしてそんなことが出来るんですか!」

こういう場面で、いやあ~それほどでも、と謙遜するのは凡人である。そのとき、吉澤さんはこう言った。

「そうだよね。俺だって普段文字は右手で書く訳だよ。でも、庖丁に文字を刻むときはこうやって左手を動かして文字を描く。長いこと同じ仕事を続けていると、こんなことが出来るようになる。職人て、不思議だよね」

しびれた。

昨日、4本目の吉實庖丁になる出刃にまた名前を刻んでもらった。

操4


黙々と砥石に向かい、時々刃の立った塩梅を確かめるように眺めている吉澤さん。

「このくらいに仕上がっていますから」

操5


と新聞紙の面に平行に庖丁を動かす。
まったく力を入れていないのに、新聞の凸の面ががすうっと切れてしまう。

「こんなもんでいいですか?」とにやり。

集中からが解放されたように最後は会心の笑顔。

強面の男のこうした瞬間に,ボクはメチャクチャ弱い。



スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumashikikuni.blog16.fc2.com/tb.php/244-d2bd8dbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

風の花の宴1 «  | BLOG TOP |  » 男が惚れる「吉實」吉澤 操1

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

azumashikikuni

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

全記事(数)表示

全タイトルを表示