FC2ブログ

2021-04

山頭火の夜3


気がつくと、その奥様と、畠中さんとも親交の深い奥様のお友達がバーに出現して、僕らはカウンターからテーブル席に移った。

奥さん曰く、

「昼間のカレーの人と飲んでる、っていうから誰かと思ったら…。でもね、あなたがお店に入ってきたとき、なんか、あたしたちと同じ匂いのする人だな、って思ったの」

そして、ご自分にぞっこんの旦那のことは、

「この人は味に絶対的な自信を持ってるし、いつもこうやって威張っているけどね、実は小心者なんですよ」

それを聞いた旦那は、

「うーん、こら、ホントのことを言うな! ぜんぜん気にしてないふりして、やっぱり自分の味をどう思っているかとか、とっても気にしてるしドキドキしてる。だから今日の昼間、あまり初めての客が頼まないトマトとレタスの味噌ラーメンをキミが注文したとき、自分で作りたくなったんだ」

畠中さんが奥さんにぞっこんな訳が、少しだけ分かったような気がした。夜が更けて、そろそろ散会ということになった。

別れ際に僕は畠中さんに聞いた。

「ラーメン食べてから帰ろうと思うんですけど、山頭火以外で旭川で食べていいラーメンを教えてください」

「そうか、分かった。一緒に行こう!」と畠中さん。
「ここはいいよ! 旭川だから醤油を食べる人が多いけど、僕は塩がいいね」

弁慶

山頭火の創業者に未明に連れて行かれたのは、3・6街の小路にある、僕も何度か入ったことのある、ごくごく普通の町のラーメン屋さんだった。今晩のことをブログに書いていいかと尋ねながら、携帯電話のカメラを畠中さんに向けると、だったらこんなとこ撮ってよ、とそのラーメン屋さん「弁慶」の丸々太ったおばちゃんのほっぺたに顔を近づけて、キスをするような仕草をした。「仲良しなんだ」

弁慶2


スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumashikikuni.blog16.fc2.com/tb.php/250-516c896f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ビコスの朝。 «  | BLOG TOP |  » 山頭火の夜2

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

azumashikikuni

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

全記事(数)表示

全タイトルを表示