FC2ブログ

2021-04

酉の市で思い出したこと2

リーフ1ブログ

何百年の酒蔵ひしめく灘などは別格として、歴史の浅い北海道の中でもっとも古い酒蔵のひとつが、創業百三十年を迎えた栗山町の小林酒造だ。

今から十三、四年前。
雑誌の仕事で小林酒造を取材した際、立ち会ってくれた四代目(当時、専務だったか…)が僕の文章を気に入ってくれた。お互い蕎麦打ちが趣味だったりで意気投合し、札幌で酒を呑んだりもした。

「いつか、蕎麦屋酒の出来る店を作ってください」

の僕の言葉を受けて、

「その時が来たら、ホシノさんの力を貸してよ」

そんなやりとりがあった。

何年か後、小林専務は四代目を継がれた。その若き四代目から五年前の春、店をやることになったよ、とお電話をいただいた。秋の開店を目指して、店名を考えるところからつき合ってくれ、と。僕は心躍った。

小林社長のリサーチの結果、北海道は日本最大の蕎麦産地にして、『北海道の蕎麦」は最高のブランドではあるが、北海道ではお江戸東京のように“蕎麦屋で一杯”の文化が根付いてはいない。だから、北の錦(小林家の酒のブランド名)の直営店は蕎麦屋ではなく、北海道の地鶏で北の錦をたしなむ店になった。

小林家の赤れんがや札幌軟石の明治大正昭和の蔵が連なる様は、栗山町を代表する風景として知られている。そいつが、一番蔵、二番蔵…そして六番蔵まで。その北の錦が札幌に第七番目の蔵(直営店)を開いた。地鶏には地酒を。

そうしたアイデアによって、店名は決まった。
『地の酒、地の酉(とり) まる田 七番蔵』


スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumashikikuni.blog16.fc2.com/tb.php/279-429386ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

酉の市で思い出したこと3 «  | BLOG TOP |  » 酉の市で思い出したこと1

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

azumashikikuni

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

全記事(数)表示

全タイトルを表示