FC2ブログ

2021-04

雪投げについて1

札幌雪まつりが昨日で閉幕した。
北国では、雪を嘆いているだけでは生きて行けない。
いかにして、雪を克服し、雪を友とするかが肝腎だ。

雪原

僕の自宅は崖っぷちに建っていて、こんな景色になっている。
手前の道路は除雪が入らないので、借景というか、冬場は庭がにわかにだだっ広くなったような塩梅になる。

雪投げ1

こちら北海道では、捨てることを投げると表現する。
だから、かきだした雪を廃棄することを「雪投げ」と言うのだ。
雪投げとは、雪合戦のことではないので悪しからず。

僕の家と隣家の間に舗道があって、近所の人たちはそこを通って崖の下に雪投げするのである。

雪投げ3

チリも積もれば、じゃあないけど、雪も投げれば山になる。
手前の木のあたりが崖の間際にあるワイヤー張りのガードレールである。ご近所中の家々がガードレールを越え、崖下に向かって投げた雪が溜まりに溜まって、冬が深まってくると、崖に張り出した展望台のようになってくる。展望台の張り出し加減でその冬の雪の量を視覚的に感じるのが例年なのだ。



スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumashikikuni.blog16.fc2.com/tb.php/309-6d349f25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

雪投げについて2 «  | BLOG TOP |  » 旅の終わり。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

azumashikikuni

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

全記事(数)表示

全タイトルを表示