FC2ブログ

2021-04

卒塾式(富良野塾)と僕1

卒塾式

倉本聰さん率いる富良野塾の第24期生卒塾式に出席した。古巣の東京の広告代理店の先輩からも,北海道のテレビ局のプロデューサーからも誘っていただいていたのだ。

大学5年生の暮れは昭和58年。1983年。
僕は文学部演劇専攻というところにいて、卒業論文を学部事務所に提出した。倉本聰さんと山田太一さんを取り上げたテレビドラマ論だった。

1984年(昭和59年)に入社した広告代理店での最初の仕事は、コーセー化粧品の男性ブランド「DAMON」に日本初の男性用メイクアップ商品が登場、そのテレビCMに世界のトランペッター日野皓正さんと共演する若手キャラクターを提案することだった。ぺーぺーの僕は、卒業間際に観ていた、卒論ゆかりの放送作家倉本聰さんの最新作「昨日、悲別で」で衝撃的にデビューした天宮良さんのことを、瞬間的に思い出した。


なんやかやの後に、天宮良さんと日野皓正さんの競演は実現して、その後も天宮さんとはCM撮影現場でご一緒した。

2009年3月31日。富良野塾第24期生卒塾式の会場である、富良野演劇工場の入口付近に立っていたら、当時の僕の上司であり、現在は古巣の社長になっているKさんが入って来た。そしてその後ろから続いたのは天宮良さんだった。

「良くん、こいつのこと覚えてる?」とK社長。
「もちろんッスよ」と天宮さん。

20年以上ぶりの再会だった。

会場には、初めて卒塾式に出席させてもらっている僕でも、知ってる顔がいくつもあった。

倉本関係者御用足の富良野料理店であり、風の色も懇意にさせてもらっている「くまげら」の森本毅さん。50歳で社長をしていた大阪の会社を退いて、クラッシックカーで日本一周をした挙げ句に富良野の土地と人々に衝撃的に出会い、そのまま富良野の住人になり、◯会目の結婚式を新富良野プリンスホテルで挙げた、ガラス工芸のアーティスト、山口一城さん。件のペーペー時代からコーセーのカリスマ的メイクアップアーティストだった荒さん。そして、北海道文化放送の細谷プロデューサー。

新旧の知人が集結しているようでワクワクした。



スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumashikikuni.blog16.fc2.com/tb.php/330-bd8f39d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

風にそよぐ藤の… «  | BLOG TOP |  » 潮ノ湯界隈2

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

azumashikikuni

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

全記事(数)表示

全タイトルを表示