FC2ブログ

2021-04

GWのモンゴル。

ffaaf.jpg

五月三日午前十時。
夜明かしの眠い目をこすってチェックアウト。やって来たのは練馬区の光が丘公園。浅草からなんやかやと一時間半。移動だけで重労働である。毎月北海道から東京に出て来ているとはいえ、個人的にも事務所的にも余裕があってのことではないので、来たからにはどん欲に動かないとという強迫観念もある。

ffab1.jpg

この六年間、北京オリンピックの年を除いて毎年内モンゴルに通っている。ある年は道内テレビ局のレポーターとして、僕の旅は草原の家族や砂漠化の実態、首府フフホトの現在を訪ねるミニドキュメンタリー番組になった。昨年は、世界的馬頭琴演奏家チ・ブルグッドさんの草原の家を訪れ、日本とモンゴルの子供たちのサマーキャンプを実施。さまざまな体験を通して子供たちが成長する過程を、自らビデオカメラを回して映像記録として残した。

ffab3.jpg

トブシンバト君とは知り合って四年ほどになる。
ドキュメンタリー番組で訪問したのは彼の両親の住む草原だった。
番組制作の際は、中国国営の内モンゴルテレビ局ドキュメンタリー部に籍を置く、バト君のお兄さんたちに世話になった。彼らが来日した際には、番組を製作した北海道文化放送のトップの方々、札幌市長を表敬訪問。番組や技術、人材、文化の交換交流を約束し合った。

ffab5.jpg

日本国内で行われるものとしては最大級の『ハワリンバヤル』と呼ばれるモンゴルの春まつりが、毎年この時期この場所で行われるのだと聞いていた。これまで散々モンゴルに染まっていたのに、何かとタイミングが悪くて参加したことがなかった。バト君からお誘いを受けていたので、重い荷物を引きずって今回ようやくやって来た。彼に会うのも久しぶりだ。

ffabe.jpg

バト君は母国内モンゴルテレビ局のニュース素材を撮影する立場で、たくさんの日本人報道関係者と混ざってビデオカメラを構えていた。この日行われるモンゴル相撲のトーナメントに、来賓として横綱白鳳関が招かれており、もしかするとお忍びで朝青龍関も? との噂も飛び交っていたからだ。

ffabb.jpg

ついぞもう一人の横綱が現れることはなかったけれど、白鳳関の登場に大いに会場が沸いた。と思っている間に時間が来た。僕はこれからさらに横濱に向かわなければならないからだ。

バト君、また今度ゆっくりね!



スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumashikikuni.blog16.fc2.com/tb.php/490-57426bf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

GWの同窓会。 «  | BLOG TOP |  » GWの夜明け。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

azumashikikuni

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

全記事(数)表示

全タイトルを表示