FC2ブログ

2021-04

風の花見。


これから書くのは5月8日土曜日のわがもっきりバルの催事の事後報告なので、この日記は2週間以上の遅れである。スミマセン。早く追いつかなくちゃ。

風の色では毎年仕事の仲間内で花見をするのだけれど、昨年暮れから酒場をはじめたので、今年はお客さんも一緒に花を愛でようと言うことになった。ウチの店は狸小路六丁目のアーケードの中にあるので、季節はおろか、一日の時間の移ろいもほとんど感じられない。夜十時を過ぎると、アーケードの照明が落ちて「夜」になるけれど。

それに、普段は一応お店とお客という立場が存在するので、この際、櫻の花の満開の下、対等に花を愛で酒を飲みましょうということに。

道外民の僕は、花の下のジンギスカンを好まない。
でもほぼすべての北海道の花見にはジンギスカンが伴う。
風の色の花見はこれまで、火気厳禁、自分が食べたいもの飲みたいものを各自が持ち寄り(自作料理なら尚良い)、ゴミを出さないように、自分の箸、皿、カップなどを持参するのを旨として来た。

IMG_1224.jpg

今回初めてのお客さん合同の花見も基本的に同じルールで募集した。
ただ、店からはオードブル込みの参加料を若干いただきます、と。
残念なことに当日は朝から雨で、急遽ルールは同じくして、スタートはわがもっきりバルとなった。

IMG_1231.jpg

IMG_1236.jpg

IMG_1287.jpg

IMG_1333.jpg

開催から6時間。
午後8時から本物の花の下へ行こうという酔狂な人間は自分だけだと思いながらも、主催者として声をかけると思いもよらぬ数の参加者が賛同してくれた。

店の片付けをスタッフに任せ、店主たる僕はひと足先に10名強を引き連れて中島公園に向かう。昼間の内に許可を取っていた駐車スペースの機材車から花見道具を引っ張り出し、台車に載せて手分けして運ぶ。

IMG_1372.jpg

IMG_1367.jpg

雨上がりで濡れた小高い丘にブルーシートを敷き詰め、その上から毛布を。さらに女性の膝にも毛布をかけ、ロケ用の防寒着も取り出す。空き地にサーカスがやって来るがごとく、キャンプでひと晩の家を建てるごとく、瞬時に花見会場が完成。ロケ地では同様に、何もない草原に食堂やリビングをしつらえたりしているので、風の色にとってはこういった野外作業は朝飯前なのだ。

参加者の皆さんも、この早変わりにそれなりに感動してくれた様子で、かなり寒いのに文句を言う人もいない。

IMG_1386.jpg

IMG_1397.jpg

午前0時を過ぎて、ふたたび小雨が降り出す。
気温もさらに落ちて来ているのだけれど、何となく北海道弁で言うところの「あずましい」感じになっていて、誰も動こうとしない。

IMG_1389.jpg

午前1時頃、ある女性がポツリと言った。
「あのう、どなたも言わないので敢えて言わせていただきますけれども、(間)そろそろ帰りませんか?」

その瞬間、誰もが「もっともだ」「言い出してくれてありがとう」と心の中でつぶやきながら、そそくさと撤収し始める。即席花見会場は、また元の何もないただの公園に逆戻り。件の車にすべてを積み込み、お開きとなった。

誰かが餃子とビール! と叫び、店主を含む五名はさらに街に繰り出す。中Gと僕はもう一軒の居酒屋で最後の二人になり、表に出た時には完全に9日日曜日の朝が明けていた。中Gをタクシーに乗せ、僕は件の機材車に用意した寝袋にくるまる。長い一日が終わった。



スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumashikikuni.blog16.fc2.com/tb.php/493-b4b9d0a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

吉田類講演会「酒場詩人のススメ」明日からチケット発売!  «  | BLOG TOP |  » GWの馬さん。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

azumashikikuni

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

全記事(数)表示

全タイトルを表示