FC2ブログ

2021-04

小樽を歩く2

IMG_5039.jpg

7月30日土曜。『小樽まちかどの魅力発見・発信セミナー』に触発されて北運河から歩き始める。駅前通りから運河、第三埠頭にかけての激しい人のうねり。折しもわが町は第45回を数える小樽潮まつり二日目のただ中にいた。初日がふれこみ、二日目がねりこみ。

IMG_5073.jpg

しばしそのうねりを眺めるが、流れを突っ切って運河沿いに東(札幌方向)へ向かう。次第に祭りの喧噪からも観光のにぎわいからも離れて行く。

IMG_5074.jpg
 
夏祭りの最盛期なのに、純白の雪に映えるナナカマドがすでに色づき始めているのには驚いた。
秋来ぬと 目にはさやかに見えねども…ってやつかい。

IMG_5081.jpg

いつかはここからさらに旅立ちたい。そう思っていたのに、かつてサハリンや利尻島、礼文島への船が就航していた場所はひっそりとしている。

IMG_5089.jpg

港は治外法権で何でも許されそうな気分がある。

IMG_5100.jpg

散歩好きの僕でも、このあたりは本当に徒歩でめぐることはない。
そうと知ってか、水先案内のように付かず離れずのカモメが一羽。

IMG_5109.jpg

いつも何気なく車で通り過ぎる橋の下に、水鳥の生活はおろか、川が流れているという当たり前のことすらイメージしていなかった。

IMG_5116.jpg

おだやかな町から実は加速度を増して姿を消し続けている銭湯。
この次この道を通る時にこの風呂屋が存在しているか心配になる人だったら、それを少しでも食い止めたいと思う気持ちがあるのなら、湯銭4百なにがしを握りしめて通うしかない。

IMG_5120.jpg

整然とした道よりも、鄙びた情景に惹かれるのは、心のどこかにつげ義春が住んでいるのかもしれない。

IMG_5129.jpg

そんな思いで歩いていて、たまさかこんな出会い頭に遭遇すると、もうけもうけ、と一人で波立ってしまうのだ。

IMG_5135.jpg

小樽時間旅行二時間弱、そろそろフォーラムの懇親会場、旧岡川薬局の建物が見えて来た。





スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumashikikuni.blog16.fc2.com/tb.php/660-fc94151b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小樽を歩く3 «  | BLOG TOP |  » 小樽を歩く1

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

azumashikikuni

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

全記事(数)表示

全タイトルを表示