FC2ブログ

2021-04

私の師匠。

ogawa1.jpg

14年前に北海道に移り住んで来てから、
僕には何人かの師匠ができた。
それは主に北海道を楽しく、
かつお金をかけずに遊ぶ達人たちだ。
春には山菜採りの師匠。
夏にはウニ密猟(内緒ですよ)の師匠。
秋にはキノコ採りの師匠。
冬には…、という具合に。
東京ではお金をかけて遊ぶと贅沢な気がしていたのだけれど、
たとえば平日の朝、少し早起きして、
小樽の森に分け入ってアイヌネギを収穫してから札幌に出勤、
なんてことが出来てしまうと、
俺は何て豊かに暮らしているのだろう、
と思わずにはいられない。

旭川ロケの2日目、
小樽⇒旭川⇒札幌⇒網走⇒旭川と、
転勤マンの小樽人の師匠がいることを思い出して連絡した。
こちらもロケ中だし会えるとは思っていなかったのだけれど、
ちょうど全スタッフとの夕食が終わったタイミングで師匠夫人から電話があり、
午後9時半、街中での数年ぶりの再会となった。


僕は彼を博士と呼んでいる。
キノコ、山菜にめっぽう詳しい男なのだ。
収穫だけでなく、料理も得意な男で、
獲物は必ずや口にしないと気が済まない。
知らないキノコに遭遇し、モノの本をひもとき、
どうやら所謂毒キノコらしい、という場合でも、
本当に毒があるのかどうか食べてみるという豪傑でもある。
その時は大当たりで、
「3日間動けませんでした」
だったそうな。

クルマで街に繰り出し、大酒を飲んでしまったので、
暖をとるためにエンジンをつけたままクルマの中で眠りこけた冬の夜、
無意識のうちに足をアクセルに載せてしまいオーバーヒート!
とうとう出火、それでも気づかず、朝通りがかりの人に、
「クルマが燃えているぞ」
と叩き起こされたおかげで九死に一生したもののクルマは全焼、
そんな武勇伝がいくつもある。

彼の師匠、私からすれば師匠の師匠である、彼の母上には、
僕が2000年に仲間とふたりで創刊し、あえなく二号で休刊した、
「北海道発。おもしろ不思議探求マガジン/ヌプカ」
の山菜採り特集にご登場いただいた。


厚岸の牡蠣を様々な調理で食わせる居酒屋のあと、
旭川では珍しい本格的ワインバーを発見、
しばし旧交を温めた。
美男美女のご夫婦でしょ。
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumashikikuni.blog16.fc2.com/tb.php/72-ba65f466
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

独酌 三四郎の夜。 «  | BLOG TOP |  » 固まらない雪ダルマ。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

azumashikikuni

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

全記事(数)表示

全タイトルを表示